ここをクリックするとブログのご案内ページにいくよ

上棟作業14日目の様子~スキップフロアの窓の位置が面白い場所に

建築中の様子・地盤改良

 

 

上棟作業14日目の様子です。
この日は連日、雨が降ったりやんだりの後でした。

 

窓から中に雨が入らないように、ブルーシートが出てますね。

 

 

玄関に入るとこちらが!!!

 

そうです!!我が家の玄関ドアが~!!!
もう、玄関ついちゃうの~?

 

嬉しい~♪

ちらっと木目が見えてます。養生がはずれるのはまだまだ先なんでしょうけど、楽しみすぎる。

 

ウズウズしますね~。

 

 

こちらには窓がたくさん!!!
これももうすぐ付けられるのでしょうか?

 

窓すらも自分たちが暮らす家だと、こんなにもテンションあがってしまうんですね。

 

 

前回、金物だけだった所にも全て柱がきちんと敷き詰められてます。
つける場所によって番号?があるんですかね。

同じ番号が書いてありますね。こうやって間違いを防いでるのかな?

 

 

1本だけの柱のところもあれば2本の木材で支えてる所もあります。

 

 

こちらは和室側なんですが、釘が出てる所がありますが、ここには何かまだはめるのかな~?

 

 

今回行って残念だったのが、この掃き出し窓が入る部分。
どうしても、養生が足りないので床のところまで雨が入り込んでいます。

 

それだけでなく、右端にある1本の長い柱は先端が出てるのでびっしょりと濡れていました。

 

もちろん、多少雨に濡れても乾燥させたら大丈夫だというのは分かるのですが、右端の柱は入れるなら全部入れようよって思ってしまうのですが・・・。

作業してる人からするとたいした事ないって感じなのかな?

 

やはり施主側からすると気になってしまう・・・。
スマイルパパは大丈夫だべって感じでしたので、やはり私が気にしすぎなのかな?

 

とにかく早く、窓つかないかな。早く屋根つかないかな。
でも、そうこうしてるうちに梅雨があけるんでしょうね。

 

営業担当さんからは木材よりもコンクリートいれる時の雨のが心配なので、建て方始まってしまえば雨はそんなに気にする事ないですよって言われましたので、一時的な雨だったら大丈夫って事なんだと思います。

でも、やはり気になってしまう。

 

 

今回はスキップフロアとなるリビングの中にも入ってみました。
スキップフロアは60センチあがってるのですが、一応私でも「よっこいしょ」って足をのばせば1回であがれました^^;

 

この写真を見てなんとなく違和感を感じる人はいるでしょうか?

 

スキップフロアのリビング空間につく予定の横滑り窓の部分なのですが、窓の位置は基本的に他のフロアの窓の高さと揃える必要があるので、通常なら少し高めの位置につくはずの横滑り窓ですが、スキップフロアに立つとちょうど首くらいの位置に窓がきます。

 

約1メートル40センチくらいのところに窓がくる感じですね。
窓がこんな所にくるってどんな感じ?と最初は思いましたがそこまで違和感はなかったです。

 

完成したらどんな感じになるのかな?

 

 

家具の配置をしたらどうなるのかな??

窓がついて養生が取れないとイマイチイメージがわかないですね。

でも、なんだか面白い空間になりそうです。(それでいいのか笑)

 

 

吹き抜けの屋根の部分です。まだ途中のようですね。

 

 

ちらっと2階にもあがってみました。
こちらもまだ途中のようですね。

 

屋根作業も開始してるのでしょうか?
上棟作業も終盤ですね。

 

次に行った時には窓や玄関がついて、また家らしくなってるのかな?
楽しみです。

 

 

建築中の様子・地盤改良
スポンサーリンク

フォローしてね

インスタグラム

ちょっとした収納術やお掃除方法など 暮らしに関する事を投稿してます。

LINE@

友だち追加ブログの更新情報配信中!!

LINE@限定メッセージなども配信してます。 1:1のメッセージも可能なので お家に関する事や何でも気軽に 質問受け付けてます!

beachmamaをフォローする

マイホームには必須!!おすすめの一括見積もりサイト

タウンライフ家作り

希望する間取りの作成や希望にあった見積もりを複数の住宅会社から一括請求してくれるサイト。

住宅展示場に行く前に、自分たちの希望するある程度の間取りや見積もりを比較検討する事が出来る。
住宅会社選定の効率アップ!!

火災保険の窓口

マイホームにはとても重要な火災保険。
難しい火災保険もまずは一括見積もりをして、金額や商品の詳細を比較検討しよう。

そこから自分たちに合う保険会社を絞り込んでいこう。

自己資金ゼロのお家計画

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました