ここをクリックするとブログのご案内ページにいくよ

外構見積もり3社目

外構

 

外構の見積もりも少し前に3社目の見積もりが出ました。

スポンサーリンク

最低限の外構でとお願いしてみた見積もりは?

外構への希望と見積もり1社目
外構見積もり2社目

 

3社目のものは特に希望を伝えてなかったので最低限のもので。と出してもらいましたら本当に寂しい外構となっていました。

 

 

イメージ画像見ても当たり前ですが何もときめくものではありません^^;
緑もないしアクセントになるものが何もないという…

こうやって見ると緑の大事さを感じますね。

スポンサーリンク

最低限の外構でもしっかり工事する部分はあります!!

我が家の最低限の外構は

・境界線周りのメッシュフェンス
・駐車場をコンクリート
・家の周りは砂利
・庭は山砂
・玄関アプローチまでの階段
・庭までの階段
・土留め

こんなところです。

 

工事費合計金額 1,600,000円

 

最低限の外構でもこんなにかかるのですね~。
ここに当初からの希望だったタイルデッキを入れたらプラス約20万くらいでしょうか。

工事費用の内訳

 

内訳

・土砂すきとり等
221,700円

・重機回送費
29,500円

・RC土留め工事等
269,000円

・化粧ブロック1段工事等
91,000円

・階段工2か所
156,200円

・駐車場工事(2台分)
252,780円

・防草シート、青砕敷き
78,000円

・山砂
36,000円

・ポンプ車
42,000円

・機械損料、小運搬費
150,000円

・メッシュフェンス工事
88,700円

・ポスト設置
73,000円

 

こんな感じです。
ちなみにメッシュフェンスをもう少し目隠しのタイプにするのも考えました。

 

 

こういうの。
しかし、こちらにすると値段が倍くらいになりますが…と言われてしまいました。

き…きびしい…
外構って本当にお金がかかるのだね…。

何も知らなくてすみません…。

 

まあ、もともと高低差があるので歩行してる人の目線よりも高いところに玄関がくるので、そこまで目線を気にしなくても良いかとなりましたので、結局玄関付近もメッシュフェンスでお願いする事にしました。

 

でも、ここの外構屋さんに最低限のものを出してもらったおかげで、この最低限を基本に出来るので、一番最初に見積もりをもらった外構屋さんにも同じ内容で見積もりを出してもらったらいくらになるのか。

それから、どこの外構屋さんにするか決めようという事になりました。

 

ここまでの間にも1社目の外構屋さんにカーポートをつけてもらった見積もりをもらったりと色々考えたのですが、やはりどう頑張っても予算が足りないので外構は本当に最低限にしようという結果になりました・・・。

外構
スポンサーリンク

フォローしてね

インスタグラム

ちょっとした収納術やお掃除方法など 暮らしに関する事を投稿してます。

LINE@

友だち追加ブログの更新情報配信中!!

LINE@限定メッセージなども配信してます。 1:1のメッセージも可能なので お家に関する事や何でも気軽に 質問受け付けてます!

beachmamaをフォローする

マイホームには必須!!おすすめの一括見積もりサイト

タウンライフ家作り

希望する間取りの作成や希望にあった見積もりを複数の住宅会社から一括請求してくれるサイト。

住宅展示場に行く前に、自分たちの希望するある程度の間取りや見積もりを比較検討する事が出来る。
住宅会社選定の効率アップ!!

火災保険の窓口

マイホームにはとても重要な火災保険。
難しい火災保険もまずは一括見積もりをして、金額や商品の詳細を比較検討しよう。

そこから自分たちに合う保険会社を絞り込んでいこう。

自己資金ゼロのお家計画

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました