ここをクリックするとブログのご案内ページにいくよ

水栓の根元の嫌な汚れはデンタルフロスでかき出す!!

綺麗に保つ為の掃除

毎日使うキッチンや洗面台の水栓。

結構汚れてくるんですよね。ついつい掃除を後回しにしてると水垢やカビがビッシリなんてことも…。

そんな水栓の隙間掃除におすすめなのが、デンタルフロス。実はデンタルフロスってお掃除に凄く活躍するんですよ。

今回はそんなデンタルフロスを使った水栓の隙間掃除をご紹介します。

スポンサーリンク

水栓の水垢汚れ大丈夫?

水栓は細かい水垢や汚れがどうしてもつきやすい場所。

毎日使う場所なので石けんカスや水滴が残りやすく、水垢だけでなく黒カビなんかもできやすいです。特に水栓の根元の部分は飛び散った水滴をそのままにしがちなので、気づいた時には落としにくい汚れに…ということも多いです。

定期的に水栓の根元部分の掃除をしておけば、頑固汚れがつきにくいですよ。

水栓根元掃除にはクエン酸もおすすめ

水栓掃除をする前に、まずは汚れのチェックをしてみてください。

普段見えている手前ではなく、水栓の裏側が結構気づくと汚れています。いつものお皿洗いの後などにも軽く拭くようにしたりとなるべく汚れや水がたまらないようにしておくのがおすすめです。

のぞき込まないと汚れに気づけず見落としがちです。知らない間にひどい汚れが落ちない!!ということにならないようにチェックしてみてくださいね。

水栓の根元には簡単なクエン酸パックがおすすめです。200mlの水に小さじ1のクエン酸を入れると、クエン酸水を作ることができます。

キッチンペーパーにクエン酸水を浸し、水栓の根元に巻きつけるように密着させて30分ほど時間をおきます。30分後にキッチンペーパーを取り、水拭きするだけです。

※クエン酸は塩素系洗剤と混ぜないでください。

※酸に弱い材質の場合は、目立たない場所で確認してから使用してください。

水栓の隙間にはデンタルグッズ

水栓掃除の時によく使うのが、デンタルケア用品のフロス。デンタルケア用品は隙間掃除にもぴったりなので、1つあると結構便利です。

ブラシだけだと掃除しにくい隙間にもスルっと入ってくれるので、しっかり汚れをかき出してくれます。

手順

デンタルフロスをカットして、水栓根元の隙間に入れて両手を使ってゴシゴシするように汚れをかき出します。

ブラシなどでは取れない黒い汚れが出てきます。

掃除をしているとフロスに黒い汚れがついてくるので、フロスを交換しながら何度か掃除すると綺麗になっていきます。

汚れが取りにくい場合は、歯磨き粉や中性洗剤を少量フロスにつけて掃除すると落ちやすいです。

IHのあの隙間にも

キッチンで掃除しにくいもう一つの場所がIHクッキングヒーターです。

ここも結構汚れが入り込みますよね。多少は仕方ないですが、やはりなるべく綺麗にしておきたいです。

普段はダイソーの隙間ガードを使っていますが、交換の時にデンタルフロスを使って一緒に掃除しています。

デンタルフロスの隙間掃除は、キッチンだけでなく洗面所の水栓やお風呂の水栓にも使えるので、隙間の水垢や汚れが気になる時にぜひデンタルフロス試してみてくださいね。

ブログ内の紹介アイテムはこちらにまとめてます
綺麗に保つ為の掃除
スポンサーリンク

フォローしてね

インスタグラム

愛用品はこちら

スポンサーリンク
beachmamaをフォローする
自己資金ゼロのお家計画

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました