ここをクリックするとブログのご案内ページにいくよ

強力両面テープ「魔法テープ」なら簡単に収納が増やせる

和室・収納スペース
スポンサーリンク

繰り返し使える超強力両面テープの「魔法テープ」を知っていますか?SNSで人気となっていて私も気になっていたので購入して使ってみました。

想像以上に使いやすくて便利な両面テープだったのでご紹介します。

スポンサーリンク

魔法テープとは?

「魔法テープ」というインパクトのある名前で販売されている両面テープですが、素材はアクリルゴム。厚さ2mmで触った感触は耐震ジェルマットに似ています。

繰り返し使用できるのが特徴で、使用後に水洗いをして自然乾燥すればまた使えるという優れもの。しかも、のり残りがないのも人気の秘密で、魔法テープをはがした箇所はベタベタしないので気軽に両面テープを貼ることができます。

使える場所は?

魔法テープは使える箇所が多く、タイルやプラスチック、木製品、革、ザラザラした壁などさまざまな場所で使えます。

生活していると感じる「ここに〇〇があったらな」という悩みを解決してくれる便利グッズです。

壁紙はNG

壁紙に使用している方もいるみたいですが、個人的には壁紙は使わないほうがいいかなと思います。設置するものによっては重さで壁紙ごと引っ張られて壁紙が破れます。

今後はがす予定はなく、小さいサイズのポスターや写真などの軽いものなら大丈夫だと思います。将来的にはがしたいと思うものは、魔法テープでないアイテムを使うのがおすすめです。

さっそく使ってみました

使い方も簡単で魔法テープをぺたりと貼り、保護フィルムをはがすだけです。

下駄箱扉の裏に、無印の小物用のポケットをペタッと貼りました。玄関に置いているアロマとボールペンなどをまとめました。ついでに、玄関で使用しているハンディモップも取り付けてみました。

はがしてもベタベタしない?

魔法テープを貼り付けて数日たってからはがしてみましたが、本当にのり残りがなしで、魔法テープもビヨーンとのびて簡単にはがすことができました。

両面テープは強度が弱かったり、ベタベタしたりするのが気になり収納を増やす目的としてはほとんど使用しないのですが、魔法テープは強度も強いので使える場所も多いです。

扉裏に大活躍

洗面所

先ほども下駄箱の扉裏に使いましたが、扉裏は収納スペースとしてとても便利。洗面所の扉裏には掃除などで頻繁に使うビニール袋やゴム手袋を入れているケースをペタリ。

寝室収納

毎朝寝室で使用しているスプレーボトルを魔法テープでまとめています。しっかりとくっつけてしまうと、使う時に引っ張った際に魔法テープも一緒に取れてしまうので、接着面を少なくしたりと工夫しています。

フロアモップも一緒にペタリ。少し重さのあるものや、サイズの大きなものを貼りたい時は魔法テープの面積を広くして貼ると落下しにくいですよ。貼り付ける素材との相性は少なからずあるので、落下しても破損しないもので試してからがおすすめです。

何度か使用しているうちに使い方のコツがわかってきますよ。

フック穴のないものも浮かせて収納

ゴミ箱

私の作業スペースの家事カウンターのゴミ箱も魔法テープで浮かせました。壁紙は破れる可能性があるので引き戸の縦枠に魔法テープを貼っています。端の面だけで支えている状態ですが、一度も落下せずに使えています。

掃除機をかける時にも毎回ゴミ箱をよけて掃除していましたが、そういった手間が減り嬉しいです。

ティッシュ

これもおすすめの使い方。寝室のテレビボードに貼り付けてみました。底部分を貼り付けているので中身を交換する時も問題ないです。

他にもリモコンを貼り付けたり、文房具を貼り付けたりと使い道が多そうです。

今までは両面テープはほとんど使ってませんでしたが、魔法テープはひとつあれば使い道がたくさんあるので、お家のグッズに仲間入りしてみてはいかがでしょうか。

和室・収納スペース使用してるお気に入りアイテム入居後の様子
スポンサーリンク

フォローしてね

インスタグラム

ちょっとした収納術やお掃除方法など 暮らしに関する事を投稿してます。

LINE@

友だち追加ブログの更新情報配信中!!

LINE@限定メッセージなども配信してます。 1:1のメッセージも可能なので お家に関する事や何でも気軽に 質問受け付けてます!

スポンサーリンク
beachmamaをフォローする

マイホームには必須!!おすすめの一括見積もりサイト

タウンライフ家作り

希望する間取りの作成や希望にあった見積もりを複数の住宅会社から一括請求してくれるサイト。

住宅展示場に行く前に、自分たちの希望するある程度の間取りや見積もりを比較検討する事が出来る。
住宅会社選定の効率アップ!!

火災保険の窓口

マイホームにはとても重要な火災保険。
難しい火災保険もまずは一括見積もりをして、金額や商品の詳細を比較検討しよう。

そこから自分たちに合う保険会社を絞り込んでいこう。

自己資金ゼロのお家計画

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました