ここをクリックするとブログのご案内ページにいくよ

押し入れがない場合のクローゼットへの布団収納方法

和室・収納スペース

 

 

最近のお家は和室がなくて押し入れがないってお家は多いですよね。
でも、ベットではなく布団で寝てるという場合も多いと思います。

我が家も以前の賃貸はクローゼットしかなく、冬用の寝具や来客用の布団を収納するのに困りました。
その時からしてる布団収納方法を紹介したいと思います。

 

 

 

クローゼットの隙間に立てても横にしても入る収納袋

 

旧居は本当に収納が少なくて、布団を収納するスペースも限られてたので、立ててもOKで横にしてもOKのタイプのものを選びました。
私が購入したものと同じカラーは売り切れのようですが、色違いで同じものがあったので一緒にご紹介します。

 


布団収納袋 円筒型 敷き布団収納ケース

 

円筒型なので、立てても横にしても大丈夫です。
他の商品で四角いタイプのものもあって悩んだのですが、丸い形だとクローゼットのちょっとした隙間にすごく入りやすいです。

 

 

色々なサイズがあって敷き布団や毛布や掛け布団なども収納出来ます。

 

セットで売ってるものもあるので、自分のお家にある寝具の数に合わせてセットで購入すると良いかも。

布団収納袋 円筒型 毛布収納ケース 当店オリジナル商品 5枚セット ( 送料無料 クローゼット収納 押入れ収納 ふとん収納袋 円筒形 布団袋 布団収納ケース 収納 シングル ダブル セミダブル 合い掛け布団 )

 

布団を収納する前の準備

 

さっそく、収納袋を用意したら布団を片付けていきますが、冬の間使用した布団は湿気や汗を吸っていたりするのでしっかりお手入れをしてから収納します。

 

 

我が家では布団乾燥機を使用するので、布団を片付ける前も布団乾燥機で乾燥させます。
もちろん、お天気の良い日に干すのもOKです。

乾燥機をした後はしっかりホコリやダニの死骸などを綺麗にする為に掃除機で吸っていきます。

 

シーツなどは全てはずして洗濯をしてから片付けます。

 

後は布団の中に入れる防虫剤なども準備しておくと良いかもしれませんね。

 

衣類防虫ケア ナチューヴォ 引き出し・衣装ケース用(12コ入)

 

我が家はクローゼットも衣装ケースも全てこちらの商品を使用してるので、布団にもこちらを入れてます。
香りつきなので気になる方は無臭のものを選ぶと良いかもしれません。

我が家は寝具を出す時は一度、天日干ししてから出すのですが、香りも天日干しすると気になりませんよ。

 

クルクル畳んで袋に入れるだけ

 

実際に収納袋にしまっていきますが、特に難しい事はなくクルクル丸めて入れるだけです。

 

 

付属の紐が付いてるのでクルクルっと丸めたら紐で結ぶだけです。
すごく簡単です。
収納する袋のサイズだけ間違わなければ、特に難しくないです。

 

 

こんな感じで立ちます。

 

 

掛け布団は我が家では2枚入れる事が出来ますので、2枚一緒に丸めて入れてます。

 

 

後は防虫剤を入れて終わりです。

 

毛布も同じ感じです。各家庭の使用してる毛布によっても違うかもしれませんが1枚~2枚入れたりも出来ます。

 

 

我が家は全部でこんな感じです。

布団収納袋の中身は
・敷き布団1枚
・ダブルの羽毛布団2枚
・掛け布団4枚
・冬用毛布4枚

 

ちなみに手前にうつってるボックスはニトリで購入した収納ボックスです。
中には冬に使ってた敷きパットや来客用の枕が入ってます。

 

 

まとめるとこんなにあるんですね~。冬用寝具。

 

 

中に何が入ってるか分かるようにラベルを貼って終わりですね。

 

 

我が家では来客用の布団は子供部屋のクローゼットのひとつに。

 

 

残りの寝具はウォークインクローゼットに。

 

 

掛け布団は枕棚にあげてますが、毛布は冬用コートなどが掛けてあるゾーンの足下に置いてあります。

 

丸い収納袋だと収納方法もクルクルっと丸めるだけでコンパクトになるし、時間もかからないので、簡単です。
隙間にも入りやすいので結構おすすめです。

冬用寝具を出す時は天日干しして再度布団乾燥機をかけて、掃除機で綺麗にしてからシーツをかけて使用しています。

 

 

和室・収納スペース入居後の様子
スポンサーリンク

フォローしてね

インスタグラム

ちょっとした収納術やお掃除方法など 暮らしに関する事を投稿してます。

LINE@

友だち追加ブログの更新情報配信中!!

LINE@限定メッセージなども配信してます。 1:1のメッセージも可能なので お家に関する事や何でも気軽に 質問受け付けてます!

beachmamaをフォローする

マイホームには必須!!おすすめの一括見積もりサイト

タウンライフ家作り

希望する間取りの作成や希望にあった見積もりを複数の住宅会社から一括請求してくれるサイト。

住宅展示場に行く前に、自分たちの希望するある程度の間取りや見積もりを比較検討する事が出来る。
住宅会社選定の効率アップ!!

火災保険の窓口

マイホームにはとても重要な火災保険。
難しい火災保険もまずは一括見積もりをして、金額や商品の詳細を比較検討しよう。

そこから自分たちに合う保険会社を絞り込んでいこう。

自己資金ゼロのお家計画

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました