自己資金ゼロのお家計画

お金はかけれないけど、こだわりたい注文住宅への道

Web内覧会入居前~あまったスペースで作られたスタディカウンター

   

Pocket

 

住宅展示場を何件か見てる時、いくつかの展示場には1階にカウンタースペースのようなものがありました。
聞くと最近は子供を自室で勉強させるよりもリビングで勉強させるほうが成績があがるというデータがあるとか?
その為に1階に勉強用のカウンタースペースを作るお家が増えてるそうです。

 

確かに知人の子も自分の部屋ではなくダイニングテーブルで勉強してるとかで、今の所子供部屋にある机はほとんど使ってないと聞いた事はありました。

 

何歳までそこで勉強するのかは分かりませんが、確かにカフェなどの方が勉強がはかどるという人もいるでしょうし、個室という空間よりも良い場合もあるのかもしれませんね。
最近はパソコン専用スペースを作る人もいるでしょうし、ひとつあるとたくさんの使い道はあるようにも思います。

私たちは絶対希望してるわけではなかったのですが、そんなスペースも間取りに余裕があったら欲しいねとは言っていました。

 

残ったスペースをカウンタースペースに

 

 

そんな我が家ですが、最終的にはそのスタディスペースとなるカウンターを作る事が出来たわけですが、間取り上では階段の横にあるのでちょうど1階の中心に位置した場所になっています。

ここは最初からここになったわけではなく、間取りをはめこんでいくうちにこのスペースが最後まで残ってしまっていて、どうしようかとなった時にここにカウンターを作って勉強スペースにしようとなったわけなので、デッドスペースとなるものをうまく活用できた空間となっています。

営業さんからは玄関ホールを広く取る間取りなどを提案されたのですが、我が家ではそんなに玄関ホールを広く取るほどもなかったので通路さえ確保できれば良かったので、結果としてカウンタースペースとして出来上がった時はこちらに変更して良かったと思いました。

 

 

ただのカウンタースペースなんですが、机の高さとか腰壁の高さとかで地味に会議となった場所。

 

ここのスペースはキッチンからも見えるのですが、間取りを作ってる段階ではキッチンから見えるか分からなかったので、少しでも様子が分かるようにとキッチンからも頭が見えるくらいにしてもらいたかったので一般的なカウンターよりも10センチくらい高くなっています。

椅子に座ってる状態でも見えやすいようにとしたつもりです。

 

でも、集中は出来るように一応半個室みたいになるようにしたいと、玄関ホールからのドアの部分は腰壁を採用してカウンターを少し囲うようになっています。

 

 

本当説明しないと分からないレベルですが、この腰壁の高さとかカウンターの高さは何度も話し合って決めた場所です。

 

 

カウンターの上にはペンダントライトを採用してます。
小さなカフェっぽくなったら良いかなって想像して採用してみました。
今の所問題ないのですが、実際につけると勉強するとなると暗いかもしれないので、付け替えても良いのでそのへんはもっと使うようになってから考えようかなと思ってます。

 



Lycoris(リコリス)

 

このペンダントライトの細長いタイプのもの。

 

 

他の形も可愛いですよね。

 

 

夕方つけるとこんな感じです。
陰影が出て凄く雰囲気が良いです!!

 

 

カウンターは家事室でも紹介したパナソニックのものです。
前回も書きましたがツヤツヤしていてとても重厚感があって、今となってはお気に入りとなりました。

 

ここのカウンタースペースですが、実はクロスも他の場所とは違うクロスを採用しています。
よく見ないと気づかないレベルですが、気になってたクロスをどこかに使いたいなと思ってここに採用したってわけです。

 

サンゲツ SP 9945

 

生産終了のものらしいですが間に合って良かったです。

 

 

ペンダントライトをつけると凹凸が照らされます。
自己満足でしかないですが、注文住宅の楽しみのひとつですよね。

 

 

今はここでパソコン作業をしてるのですが、机の前が壁だと私は集中できるという事に気づきました^^;

 

子供たちがここを使ってくれるかはまだ数年後になりますが、今でも大活躍のカウンターです。

 


ランキングが励みです。お帰りになる前によろしければ!!!
応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
インスタもフォロー大歓迎♪
Instagram

Pocket

 - web内覧会入居前 , ,