ここをクリックするとブログのご案内ページにいくよ

Web内覧会入居前~和室はやっぱりあって良かった!ほっとする空間

web内覧会入居前

最近は和室を作らないお家も多いですよね。
私は和室が昔から好きなので和室は最初から作ってくださいと希望しましたが、和室を作らないでダイニングと繋がってる空間にしたらもっと広さを感じる事ができたかなとも思います。

和室はダイニングキッチンの隣に位置しています。

最初は来客時にも対応できるようにと独立させてたのですが、やはり一緒になってるほうが広さを感じられるのでこの間取りで落ち着きました。

最近の和室は昔のような、い草で出来てる畳ではなく和紙を使った畳なので、お手入れもしやすいのでわりと気軽に取り入れられると思います。

和室は4畳半なので決して広くはないですがダイニングの続きにあるので、特別狭いと感じるわけではありません。
ここで布団を敷いて寝るとなると若干せまく感じたりもするのかな?

生活するだけならそこまで圧迫感を感じる事はほとんどありません。

3枚引き戸なので、ダイニングと和室の繋ぎの建具は壁に全ておさまるようになってるので、開けてると開放感がありますが、一応来客時などは締め切る事も可能な作りになっています。

和室側は襖を採用してます。たくさんの種類の中からわりと主張しないタイプのものをチョイス。
ベージュのような柔らかいカラーがとても落ち着いた空間にしてくれてます。

窓はプリーツスクリーンを。プリーツスクリーンってとても素敵ですね。
カラーは濃いネイビー色に。
夜はグッと落ち着いた雰囲気になるのでまたイメージが変わってとてもお気に入り。

レース部分もしっかり光を取り入れてくれます。和室にはぴったりです。

プリーツスクリーンって和室の定番になりつつあるのかもしれませんが、色んな色を選ぶ事が出来るので寝室とかにも良さそうですよね。
素材も柔らかいのでお手入れもしやすいです。

和室は天井をアクセントクロスとしてクロスの色を変えています。

本当は壁一面を落ち着いた色のクロスにしたかったのですが、押入れとの関係で綺麗にならなそうとの事で天井にしてはどうかというコーディネーターさんの提案で天井をアクセントクロスにしました。

これもコーディネーターさんに言われなければ思いつかなかったのですが、採用して正解でした。

サンゲツ EB 7123

こちらはオプションなしの標準クロスからチョイス。
落ち着いたカラーでなかなかおすすめです。

窓際にはホシ姫サマ。すごい便利です。

2階にはホスクリーンもあるのですが、身長の低い私には若干使いにくいのですが、このホシ姫サマは昇降できるので身長の低い私でも洗濯物を干しやすい位置まで降ろして使用できるのでとても使いやすいです。

使わない時は埋め込み式なので存在感もなく、スッキリします。

値段が高いので1階もホスクリーンにするか悩みましたが、使ってみるとやっぱりホシ姫サマにして良かったです。
まだまだ、天気の良い日もあるのでバルコニーに洗濯物は干してますが、真冬や梅雨時期は大活躍しそうです。

この畳の敷き方「切腹の間」というそうで、鬼門とか風水とかで気にされる人もいるそうです。我が家は全然気にしてなかったのですが、なんとなく嫌だなという人は担当さんにしっかり伝えておくのがおすすめですよ。
我が家のように間取り図と違う敷き方になる場合もあるかもしれません。

ちなみにこの和室から洗面脱衣所を通ってぐるぐる動線ができてるのですが、ここを子供たちはずっと走り回っています。

行き止まりがないのが楽しいみたいで、結果としてできた場所ですが子供たちにも楽しいポイントがあって良かったです。

昼間に寝転んでると気持ちよくてそのままウトウトしてしまいそうになる和室はやはり少し特別ですね。

web内覧会入居前
スポンサーリンク

フォローしてね

インスタグラム

ちょっとした収納術やお掃除方法など 暮らしに関する事を投稿してます。

LINE@

友だち追加ブログの更新情報配信中!!

LINE@限定メッセージなども配信してます。 1:1のメッセージも可能なので お家に関する事や何でも気軽に 質問受け付けてます!

スポンサーリンク
beachmamaをフォローする

マイホームには必須!!おすすめの一括見積もりサイト

タウンライフ家作り

希望する間取りの作成や希望にあった見積もりを複数の住宅会社から一括請求してくれるサイト。

住宅展示場に行く前に、自分たちの希望するある程度の間取りや見積もりを比較検討する事が出来る。
住宅会社選定の効率アップ!!

火災保険の窓口

マイホームにはとても重要な火災保険。
難しい火災保険もまずは一括見積もりをして、金額や商品の詳細を比較検討しよう。

そこから自分たちに合う保険会社を絞り込んでいこう。

自己資金ゼロのお家計画

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました