ここをクリックするとブログのご案内ページにいくよ

突っ張り棚隠しにはセリアのプラダンが使える

スタディスペース・家事室
スポンサーリンク

突っ張り棒と同じく簡単に収納を作れるアイテムと言えば、突っ張り棚がありますよね。突っ張り棒よりも、使い道が幅広くて簡単な収納アイテムとして大人気ですよね。

ただ、突っ張り棚はどことなく生活感を感じるデザインなのが残念。そんな突っ張り棚を上手に目隠しして棚を追加してみたのでご紹介します。

スポンサーリンク

机の上を広く使いたい

微妙に邪魔な無印の小物収納ケース

家事カウンターで以前よりもパソコン作業をしたり、書き物をすることが多くなりました。パソコンを使ってノートなどを開いていると、机の上にある文房具収納ケースが邪魔に感じることが結構あります…。

この文房具収納ケースを棚に置きたいけど、カウンター上にある棚は結構な高さにあるので、もう少し低い位置に棚を作りたくて、今回突っ張り棚を使うことにしました。

文房具を入れている無印の小物収納ボックスは、縦にも横にもできるので使いやすいです。

プラダンを使って突っ張り棚を隠す方法

まずは、設置したい場所のサイズに合わせた突っ張り棚を購入します。今回は、ニトリでこちらを購入しました。よく見るデザインの突っ張り棚です。

設置方法を見ながら、落下しないようにしっかり設置します。このままでも、もちろん棚として使えますが、この突っ張り棚を隠して突っ張り棚と分からない棚にしていきます。

目隠しにはプラダンを使う

使用するのはセリアのプラダンです。プラダンは、プラスチック素材のダンボールみたいなシートで、DIYによく登場するなかなか使いやすいシートです。セリアには白だけでなく黒も売っていました。

扱いやすく工作とかにもおすすめ

プラダンは段ボールのように扱えるので、折り目がつけやすいです。難しい工具などを使わなくても、好きな形に作りやすいという魅力があります。私のような不器用さんにも扱いやすいかなと思います。

1枚だと長さがたりないので、2枚のシートをセロテープで貼り付けます。貼り付け部分が目立って気になる場合は、ホームセンターで大きなサイズが買えるので、好きなサイズにカットしてもらってもいいと思います。

突っ張り棚に合わせて形を作っていくよ

突っ張り棚をすっぽり隠すように、プラダンをコの字型に作っていきます。プラダンは簡単に折れるのでこういった形を楽に作ることができます。

裏側は両面テープで固定

ダイソーの両面テープを使ったよ

突っ張り棚に合わせた形が作れたら、後は突っ張り棚にプラダンをかぶせるだけです。突っ張り棚の裏側は両面テープを貼り、プラダンが剥がれないようにします。

突っ張り棚隠し完成!!

プラダンが浮く場所があれば、セロテープなどを貼って微調整すれば完成です‼2枚をつなげた場所が少し目立っていたので、白いマスキングテープで隠しました。見えない場所は、結構雑ではありますが、目立たない場所なので問題ありません。

文房具収納を置いてみた

机の上にあった文房具収納用ケースが、無事に置けました。机の上がよりすっきりと使えます。

今回、突っ張り棚が600円ほど。プラダンは4枚使ったので、合計で1,000円ほどで棚を作ることができました!

プラダンの突っ張り棚隠し挑戦してみてね

突っ張り棚を使いたいけど、その存在感が気になるという方は、プラダンを使って突っ張り棚を隠してみてはいかがでしょうか?

私のように普段DIYなどしないという場合にも簡単に作れておすすめです。プラダンにリメイクシートを貼ったりすれば、より好みの棚を作ることができます。ぜひ、挑戦してみてくださいね。

スタディスペース・家事室入居後の様子
スポンサーリンク

フォローしてね

インスタグラム

ちょっとした収納術やお掃除方法など 暮らしに関する事を投稿してます。

LINE@

友だち追加ブログの更新情報配信中!!

LINE@限定メッセージなども配信してます。 1:1のメッセージも可能なので お家に関する事や何でも気軽に 質問受け付けてます!

スポンサーリンク
beachmamaをフォローする

マイホームには必須!!おすすめの一括見積もりサイト

タウンライフ家作り

希望する間取りの作成や希望にあった見積もりを複数の住宅会社から一括請求してくれるサイト。

住宅展示場に行く前に、自分たちの希望するある程度の間取りや見積もりを比較検討する事が出来る。
住宅会社選定の効率アップ!!

火災保険の窓口

マイホームにはとても重要な火災保険。
難しい火災保険もまずは一括見積もりをして、金額や商品の詳細を比較検討しよう。

そこから自分たちに合う保険会社を絞り込んでいこう。

自己資金ゼロのお家計画

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました