自己資金ゼロのお家計画

お金はかけれないけど、こだわりたい注文住宅への道

災害時の防災バックの見直し~追加したものや便利アイテム

   

Pocket

 

今年の夏は台風や地震などもあり、我が家でも防災バックの見直しをしました。
基本は前回記事にした中身のままですが、そこにいくつか追加したものや変更したものなどもありますので、こちらでも記録としてまとめさせてください。

以前の記事と重複する写真もありますが、こちらの記事を初めて見た人にも分かりやすいように、全て写真を撮り直しましたので、似たような内容になりますがよろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

 

以前の記事はこちら↓

震災を経験した我が家の防災バックの見直し

 

 

防災バックの中身

 

 

防災バックに入ってる全部の物がこちらです。
一応、全部入りましたが結構パンパンになりましたね。

今の所、我が家はこの防災バックひとつですが、長女がもう少し大きくなったら子供用リュックも用意したいなと思ってます。

 

では、それぞれ写真と一緒に簡単にのせていこうと思います。

 

ランタン・ラジオ類

 

 

・ランタン
・電池
・手回しラジオ
・布粘着テープ(ダイソー)
・マッチ、ライター(ダイソー)

 

小さい懐中電灯はリュックに付いてるのですが、やはりランタンもあると良いのかなと思い、結構大きいですが入れています。
予備の電池と一緒に。
手回しラジオも必須ですよね。

 

【予約販売】【停電・防災対策】LED ランタン 63灯 USB 手回し ソーラー 電池 車載充電 アウトドア 充電式 懐中電灯

 

RAD-V945N オーム AM/FM 手回しラジオライト AudioComm

 

後は今回追加したものが布粘着テープ、ガムテープですね。
災害時に服につけて名札がわりにしたり、メモを貼ったりとたくさんの使い道があるとの事で仲間入りしました。

 

軍手・マスク類

 

 

・軍手(ダイソー)
・ゴム手袋(ダイソー)
・マスク(ダイソー)
・ホッカイロ(ダイソー)
・ウェットティッシュ(ダイソー)
・ポケットティッシュ(ダイソー)
・石けん(ダイソー)

 

とりあえず避難するような災害で、周りがどんな状況になってるか分からないので、軍手とマスクは必須かなと。
もちろん、防寒用としても使えるので大人用と子供用と用意してあります。

 

下着・靴下

 

 

・家族全員分の下着(ダイソー)
・靴下(ダイソー)
・生理用品
・おむつ

 

次女もおむつはもうしてないのですが、長時間我慢したりは出来ないので数枚ですが入ってます。

 

子供たちの着替え

 

 

着替えも今回追加したものです。
今までは着替えは入れてなかったのですが、やはり雨に濡れたり、汚れたりする場合もあるでしょうから上下1着ずつ入れています。
大人のは入らなかったので、とりあえず子供のだけ入れました。

着替えは衣替えの時期に夏用と冬用と入れ替えるようにしようと思います。

 

ちなみに中身の服は子供服のリサイクルショップで100円くらいのものを買いました。
着ないで終わる可能性もあるので^^;

西松屋なんかでもシーズンの終わり頃に70%オフとかで買えたりするので、そうやって調達するのもありだと思います。
サイズはワンサイズ上のものを買ったので、しばらくはサイズアウトしないで入れたままでいけるかなと。

 

雨具

 

 

こちらも今までノータッチだったのですが、今回追加しておきました。ちょっとした防寒にも使えそうですし。
今は雨具もダイソーやセリアにたくさんあるんですね。

子供用と大人用あります。

 

衛生用品・ナイフ類

 

 

・割り箸
・ナイフ
・歯磨きシート(ダイソー)
・歯ブラシ(ダイソー)
・歯磨き粉(ダイソー)
・折りたたみコップ(ダイソー)

 

マッチとライターがこっちにも入ってましたね。すみません^^;

 

歯ブラシなどを使う状況って事は避難所などで家に戻れないほどの災害って事になりますが、そんな時こそこういう物があるのとないのとでは、かなり精神的負担が変わりますよね。
歯を磨いたり、顔を洗ったり。緊急時には必要ない事のようで実は結構大事なんじゃないかなと感じます。

気持ちをリフレッシュする上でもとても大事なので、なるべく入れておきたいものかなと思います。

 

シャンプー・コンタクトケア用品

 

 

こちらも今回新しく追加したもの。
コンタクト洗浄液は1回ずつ使えるもので、私は眼鏡もあるのですが常にコンタクなので一応入れています。

水のいらないシャンプーは先ほどと同じくリフレッシュする意味で欲しいなと思って、今回仲間入りしました。
希望としてはもう少し小さくても良かったかな。

 

フレッシィ ドライシャンプー ボトル(250mL)【HOF06】【rank_review】

 

 

紙皿・ラップ類

 

 

・ラップ(ダイソー)
・紙皿(ダイソー)
・ビニール袋(ダイソー)
・ポリバケツ

 

ラップはかなり使い道の多いもの。
食事の時にお皿に敷けばお皿を洗わなくて良いし、紐の代わりに出来たり、怪我の止血や防寒にも使えるのでとても便利です。

 

防災ポリバケツは折りたたみ式なので、使用する時は水を入れるバケツになります。

 

防災用ポリバケツ3L[ABO-03]/【ポイント 倍】

 

 

アルミブランケット

 

 

これコンパクトなので、ぜひともバックに一緒に入れておきたい物です。
東日本大震災の時は冬だったのでとにかく寒くて大変でしたよね。

これくらいコンパクトならバックに入れても邪魔になりません。

 

防災 アルミシート 日本製【アルミブランケット 防災グッズ 寒さ対策 防寒 保温】

 

【ポイント10倍!】非常用シート サバイバルシート 非常持ち出し袋、地震・災害対策グッズ、防災グッズ 防災グッズ

 

 

災害用トイレ

 

 

災害時のトイレ問題。
自分の家ならまだ何とかたえられますが、避難所や公共施設の災害時のトイレ問題は本当に深刻だと思います。

子供もまだ小さいですし、感染症などもやはり気になるので気休め程度の枚数ですが、一応今回バックに入れる事にしました。

 

非常用トイレ袋(10回分)

 

 

圧縮タオル

 

 

少し前にダイソーで発見した圧縮タオル。
水を数滴たらすとじわじわ膨らんで広がっていきます。

タオルも使い道はたくさんありますが、どうしても持ち歩くのには限りがありますよね。
でも、この圧縮タオルならたくさん持っておく事が出来ます。

乳幼児の布おむつの代わりにしたり、衛生的なタオルを使用できるのも嬉しいですよね。

少しの水は必要になりますが、あると安心だと思います。

 

 

View this post on Instagram

 

びーちママさん(@beachmama1005)がシェアした投稿

 

インスタ内で水をかけて広げてる様子の動画をあげてます。
2枚目です。

 

救急セット

 

 

以前は箱に入ったまま入れていたのですが、中身を減らして入れる事にしました。

・解熱鎮痛剤
・消毒液
・絆創膏
・包帯
・ハサミ
・ガーゼ
・サージカルテープ

 

小銭・メモ帳

 

 

・10円玉
・メモ帳
・マジック
・ボールペン
・家族写真
・保険証コピー

 

食料

 

 

食料は今回は水とビスコとパンにしました。
家に非常食や水はありますが、防災バックに入れれる分は少しなので、手軽に食べれるものと甘い物にしました。

 

【ポイント10倍!】美味しい非常食 せんいのめぐみパン アウトドア 災害用 地震 長期保存 おいしい 保存食 5年保存 防災グッズ

 

【ポイント10倍!】長期5年保存 ビスコ保存缶 グリコ 数量限定 クリームサンドビスケット 防災グッズ

 

 

電池式充電器・モバイルバッテリー

 

 

電池式充電器は今回注文して発送待ちです。
こちらを購入しました。凄い人気商品。

\クーポンで5%値引/単3 単4 乾電池 充電池 モバイルバッテリー ニッケル水素 充電池 エネボルト エネロング 急速充電 1.5A スマートフォン アンドロイド アイフォン スマホ 充電器 持ち運び 携帯充電器 スマホバッテリー iPhone Xs iPhoneXs MAX XR iPhoneXR

 

電池で充電するタイプは防災バックに入れておいて、モバイルバッテリーはなるべく常にバックに入れて持ち歩くようにしています。

 

今回、スマイルパパと私用にそれぞれ購入しておきました。

 

Anker PowerCore 10000 (10000mAh 世界最小最軽量* 大容量 コンパクト モバイルバッテリー) iPhone / iPad / Xperia / Android各種スマホ対応 【急速充電技術PowerIQ搭載】2.4A出力 充電器

 

悩んだ末にやはり安心のアンカーにしました。

 

こんな感じで一応、全てをリュックに入れる事が出来ました。
今回色々な情報を集めて、見直しをして、雨に濡れても大丈夫なように、なるべくジップロックのようなジッパー付きの袋に入れてから、バックに入れるようにしました。

 

 

リュックはなるべく負担の少ないものを選ぶのが大事だと思います。
重くて体力消耗してしまっては、本末転倒ですので。

 

腰ベルトがついていたり、登山用などのしっかりしたリュックだと肩や腰に負担も少ないと思われます。

色も思い切って明るいカラーを選択するのが良いと思います。
反射材のついてるものでも良いですが、明るい色だと夜でもわりと目立ちますので、救助時にも良いですし、家族とはぐれた時にも見つけやすいと思います。

間違って誰かに持って行かれるって事も少ないのではないかと。

 

長くなりましたが、また見直ししたらその都度記事にしていこうと思います。
出来れば使う事がないままだと嬉しいですね。

 

 


ランキングが励みです。お帰りになる前によろしければ!!!
応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
インスタもフォロー大歓迎♪
Instagram

Pocket

 - 防災対策 , , ,