ここをクリックするとブログのご案内ページにいくよ

布団のカビやダニ対策!!布団の手入れ方法

寝室・子ども部屋

我が家はまだ子どもたちと寝室で寝てるので、布団を敷いています。フローリングに布団を敷くとどうしても湿気がこもってしまいます。

毎日のお手入れで気を付けてる事がいくつかあるので、まとめていこうと思います。

以前の布団収納の記事

スポンサーリンク

我が家の寝具ケア方法

我が家の子どもたちは、今はだいぶ良くなったものの赤ちゃんの頃から喘息ぎみで、寝具のお手入れには気を使っています。

特に次女は喘息ぎみというだけでなく、肌も弱くて皮膚科の先生からは寝具のホコリやダニ対策を念入りにするように言われていました。

そういった事もあって、寝具のお手入れ方法を試行錯誤した結果今の状態に落ち着いています。

具体的にしてる布団の手入れ方法をあげてみます。

除湿シート

布団のダニやカビ対策で除湿シートを敷いています。

フローリングに布団を採用されてる家庭の場合は、除湿シートがあると湿気を吸い取ってくれるので安心です。

吸湿センサーが付いてるので、マークがピンクになったら天日干しをする事で繰り返し使用する事が可能です。

定期的に布団乾燥機をかける

昔はベランダで布団を干したりしてたのですが、布団乾燥機の方がダニ退治には確実なので、今はあまり外に干す事が減りました。

たまに太陽の香りのする布団で寝たいなって時は外に干したりもしています。

布団乾燥機の方法

布団乾燥機を布団で包む

布団全体に乾燥機の熱が行き渡るように、このように山の形になるように布団乾燥機を包むようにセットしています。

掛け布団で隙間をなくす

熱が逃げないようにしっかり隙間をなくす為に、上から掛け布団をかけて乾燥しています。

我が家の布団乾燥機は結構な古株なので、最近のはもっと手軽に使えるのかな?最新のはパワーもありそうですね。

アイリスオーヤマのカラリエは皆さん使ってるイメージの人気商品ですね

三菱電機の布団乾燥機も人気です

掃除機でしっかり吸い取る

掃除機は布団乾燥機をした時だけでなく、定期的にかけています。

布団乾燥機をした時はダニの死がいを取り除く事が目的ですが、普段からもかけておくとダニのエサとなる皮膚カスなどを綺麗にしておけるので、ダニの繁殖予防になります。

もちろん普通の掃除機よりも、布団専用掃除機の方がかけやすいと思います。

布団は毎朝立てておく

これは以前も記事にしましたが、布団は毎朝立てておきます。このまま夜まで置いておきます。しっかり熱を逃がす事も出来るので湿気対策に良いです。

ダニよけスプレーを使う

こちらも以前紹介したダニよけスプレーです。毎朝スプレーしておくだけなので楽です。

スポンサーリンク

定期的な買い換えも必要

頑張って寝具のケアをしても毎日長時間寝る布団なので、どうしてもヘタってきてしまいます。コスパの良い寝具を定期的に買い換える事は清潔にも使えて良い方法だと思います。

新しい布団はもちろんダニもいないので、快適に眠れますしね。

我が家は子どもも小さく、おねしょをしてしまうなんて事もたまにあります。そういった事を考えるとコスパの良い寝具を選ぶのが一番です。

我が家はニトリの寝具を愛用していて、定期的に買い換えています。

マットレスにシングル布団を重ねて2枚をそのままシーツの中に入れてます。

なので、結構安定するので壁に立てかける事が出来てます。

少し前の記事ですが詳しくはこちらを

ダニの繁殖を少しでも防ぐためにシーツも定期的に洗濯したり、寝具に湿気がたまらない環境にすると良いのかなと思います。

寝室・子ども部屋綺麗に保つ為の掃除
スポンサーリンク

フォローしてね

インスタグラム

ちょっとした収納術やお掃除方法など 暮らしに関する事を投稿してます。

LINE@

友だち追加ブログの更新情報配信中!!

LINE@限定メッセージなども配信してます。 1:1のメッセージも可能なので お家に関する事や何でも気軽に 質問受け付けてます!

beachmamaをフォローする

マイホームには必須!!おすすめの一括見積もりサイト

タウンライフ家作り

希望する間取りの作成や希望にあった見積もりを複数の住宅会社から一括請求してくれるサイト。

住宅展示場に行く前に、自分たちの希望するある程度の間取りや見積もりを比較検討する事が出来る。
住宅会社選定の効率アップ!!

火災保険の窓口

マイホームにはとても重要な火災保険。
難しい火災保険もまずは一括見積もりをして、金額や商品の詳細を比較検討しよう。

そこから自分たちに合う保険会社を絞り込んでいこう。

自己資金ゼロのお家計画

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました