自己資金ゼロのお家計画

お金はかけれないけど、こだわりたい注文住宅への道

建築前なのにすでに失敗ポイント?パート2

      2017/03/28

Pocket

小さい事ですが私たちにとっては失敗ポイントとなるであろう話しの続きです。

前回の記事

 

1.7メートルのデッドスペース

 

今回、きちんと建築確認申請を出すうえで出てしまった私たちのお家の問題がもうひとつあります。
私たちが建築するエリアは住宅街で周りのお家のほとんどが戸建て住宅です。

 

あっても2階建てのアパートがあるくらいで静かな場所です。
コンビニも歩いて行くにはなかなかの距離がある場所です。

そのエリアはいわゆる高層マンションのような高い建物を建ててはいけないというエリアとなってるようです。
建てられる高さが決まってる為、今後も家の目の前にマンションが建つという事はないです。

もちろん、これはメリットでもあります。お隣さんはもちろん、周りのお家も高さの制限があるので、庭先は影になっても建物にはきちんと明かりが入るという事です。

しかし、その高さ制限がある為に今回土地に無駄なデッドスペースも生まれてしまいました。

 

 

庭の反対側のこのスペースです。
北側になるのですが、だいたいみなさん境界から少しは離してお家を建てると思います。
よく、勝手口を北側にして裏口のようにするお宅も多いですよね。

もちろん、ある程度のスペースが出来るのは私も分かっていたのですが、我が家はそのスペースが想像よりも広くなってしまいました。

 

建てられる高さだけではなく、「北側斜線制限」などという高さに対して出来る傾斜の部分の制限も入る事で、どうしても北側のスペースを取る必要が出てきたようです。

 


家づくりの基礎用語~土地と法律編

 

北側のスペースを取る為に南側に少しお家をずらす形になるので、庭が狭くなりますね・・・
そして、北側がどのくらいの広さになるかというと
1.7メートル
ですって!!

みなさんどのくらいのスペース取られるか分かりませんけど、1.7メートルって大人3人並んで歩けちゃうんじゃないでしょうかね。
もちろん、広い土地なら良いですけどわが家は広くない土地なので、めちゃくちゃもったいないんです(´;ω;`)

 

その影響で車置くスペースもただでさえ広くないのに、2台置くのにもギリギリになりそうですし・・・

 

そのスペースにサイクルポートみたいなの作ってもいいんですが、道路から高さあるところにわざわざ階段上がって子供たちが自転車あげるかな~?

 

 
結局、駐車スペースの空いたとこにとめそうだな。
こういう時、道路との高低差がなければ、北側にサイクルポート作ったりとうまく使えるんでしょうけどね。

やはり高低差のある土地はこういった問題も出てきやすいんですね。

 

という事でそのスペースをどのように使うかはまだ未定です。

 

物置置いても良いんでしょうけどね~。
旦那は庭の東側にお隣さんとの目隠しがわりに物置を置きたいみたいなんですけどね。

 

そのへんも実際の庭の大きさと、北側のデッドスペースが自分たちで見てみてどのくらいかはお家が出来てみないと分からない部分ですよね。

 

2階のトイレのドアが引き戸に出来ない

 

そして、高さ制限がある事で北側は天井が少し斜めに下がってしまうようです。
北側のお部屋とトイレの天井などですね。

 

 

でも、天井に頭がぶつかるほどの低さではないようなので生活に支障が出るほどではないそうです。

 

しかし!!
2階のトイレは間取り図では引き戸にしてもらってたのですが、天井が下がる事で引き戸に出来ないそうです(泣)!!!

 

これは結構ショック!!
という事で今引き戸のある部分が開き戸になるのですが、慣れるまではなんか使いにくそうだな~・・・。

 

廊下歩いてる時にドアが開いてドンみたいなの絶対ありそうだよね~・・
折れ戸も提案されましたけど、折れ戸ってなんか好きじゃないんですよね。

無駄なスキマにほこりがたまりそうだし。

とりあえず、2階なので家族しか使わないという事で開き戸でお願いしました。

 

すでに残念ポイントが出てますが^^;

このデメリットも良く感じるくらい素敵なお家になるよう頑張りたいです。

 

 


ランキングが励みです。お帰りになる前によろしければ!!!
応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
インスタもフォロー大歓迎♪
Instagram

Pocket

 - 失敗ポイント